Cotton-tail

3月末に福岡県に引っ越してきた主婦。2016年1月長女出産、2017年7月長男出産予定。

自閉症の妹と憂鬱な日々

f:id:baabaabambi:20170626152113p:plain

(娘ちゃんの後ろ髪が結べるくらい伸びました。髪の毛さらさらだし動き回るしで結わえてもすぐに髪ゴム取れちゃうけど。)

 

今月の16日に里帰りしてから10日ほど経つわけですが、心配事が絶えません。

以前にもすこし触れたことがあるんですけど、実妹は重度の自閉症です。

 

neufchatelcoeur.hatenadiary.com

 

週末からこっち、彼女の癇癪がひどいのです。

きのうは早朝から母親を引っ叩いたらしく、階下から悲鳴じみた怒声と叫び声が聞こえてきました。

どうやら実妹の中では陽が昇ったらすべての部屋のカーテンを開けるのが決まり事のようです。しかし早朝5時半にズカズカと部屋に入って来られて無遠慮にカーテンを開けられる度、まだ寝ていた娘ちゃんが泣き出します。母親の助言もあり、何度か試しに内鍵をかけていたところ、カーテンを開けられないことでイライラしてしまい、とうとう爆発してしまったわけです。

自閉症の子にとってマイルールやルーティンが乱されるのが許し難いことなのは承知していますし、気に入らないことに対する切り替えがうまくできずにずるずると引き摺ってしまうのも病気の症状で、仕方のないことです。姉妹と言えどもはや他人であるわたしと娘ちゃんがいっしょに暮らすにあたって、思い通りにいかないことが増えるのは必須ですし、ストレスも溜まるでしょう。こちらからすればどんなに些細なことであっても、彼女にとっては譲れないこだわりであったりするわけで。

実妹のことは嫌いではありません。ただ、わたし自身も噛み付かれたり拳で殴られた経験があるので、娘ちゃんやこれから産まれてくる息子くんにいつか危害が及ぶのではないかと思うと憂鬱になります。わたしがちかくにいるときならいくらでも庇えるけれど、入院の際に娘ちゃんを連れていくわけにはいかないし、いまから心配で堪りません。

悪気がないのはわかっているけれど、突然叫び声をあげられると驚いた娘ちゃんが大泣きするし、抱っこしようとした実妹が腕を引っ張り上げるたびに肩が抜けそうで怖いしで、毎日ハラハラし通しです。かといって「あれもダメ、これもダメ」ではまた彼女にとってストレスになって後々に響いてくるので怒ることもできない。わたしはわたしで不潔恐怖による強迫行動を我慢せねばならずきもちわるくて仕方がないのですが、こちらがイライラすると察知して悪化するものだから、兎にも角にも疲れます。

産後入院一週間は長いなあ。3日くらいでいいのに。娘ちゃんがばあば大好きで懐いていることだけが唯一の救いです。

 

重苦しい話題で締めるのもなんだかなあって感じなので、さいごに娘ちゃんの成長報告をひとつ。

きのう、階段をひとりでのぼりました!

おきあがりこぼしを両手に持ったまま、わたしを追いかけてよじよじと数段ほど。「あぶないから(おきあがりこぼしを)ちょうだい」って言っても絶対に離さない。そんなに気に入ったのか。そうか。

ところでおきあがりこぼしって漢字だと「起き上がり小法師」って書くんですね。はじめて知りました。なるほどなー。福島会津の伝統玩具らしいです。

福岡の自宅は賃貸マンションで階段が無いので、こっちに帰って来なかったら階段上りを習得するのはもっとずっと後だったかもしれません。